我が家では現在、ノートパソコン・タブレット端末・スマートフォンを
Wi-Fi環境で利用しています。

Wi-Fi環境に切り替えたきっかけは、スマートフォンを利用するようになってからです。
携帯電話の会社からWi-Fi機器を無料で貸し出ししてくれるというサービスが
始まったので、その際に使い始めてみました。

もともとは、デスクトップのパソコンを利用していて、光回線のネット環境は
整っていたので、Wi-Fi機器を繋げるだけで使えて、簡単接続できたことも
良かったです。

実際つかってみて、家の中どこにいても、ネットに接続できてとても便利だと
思いました。それからすぐに、パソコンもデスクトップからノートに変更しました。

有線の時は、配線がゴチャゴチャとして、見た目も悪く、使いづらいと感じることが
多かったのですが、Wi-Fiに変えてみて、配線もWi-Fi機器に接続するだけで、
複数の端末からアクセスできるので、部屋もスッキリとして、掃除もしやすい点なども、
変えてみて良かったと思っています。

ノートパソコン・タブレット端末・スマートフォン等、複数の機器を同時に使っても、
通信速度は遅くなることはなく、サクサクと検索できて、ストレスもなく快適です。

また、最近では外出先でもWi-FiSPOTがたくさんあるので、パケット通信料が
かからないので、携帯電話代も安く抑えられることもメリットだと思います。
海外旅行に行く際は、ポケットWi-Fiをレンタルしていって、渡航先での地図や、
グルメスポットなどの検索にとても便利で手放せません。

私は旧イーモバイル時代からpocket Wi-Fiを利用しています。
持ち運びできるWi-Fiの利点と言えば、やはり「どこでも早めの速度で、
重いデータも受信することができる」ということだと思います。

携帯の通信量の契約での上限は7GBが多いかと思いますが、それだけですと
仕事で携帯を頻繁に使う方は不足しがちかと思います。

携帯の方で7GB使い切ったらその都度増やす申請をしてもいいのですが…
携帯会社によりますが、比較的高めの金額設定になっていて月々の携帯代が
2万近く行ってしまうことが多々ありましたし、その都度増やす申請をするよりも
別にpocket Wi-Fiを契約した方が圧倒的に安かったので、私はpocket Wi-Fiを
新たに契約しました。

月々の使用料金は、大体4000円くらいです。
それで携帯の通信量7GBとWi-Fiの通信量が+7GB使えることになるので
断然お得ですし、通信量がいつも足りなくなる私には丁度よくなりました。

普段の使い方として、家にいるときは家の光回線をWi-Fiで飛ばして使っています。
ただ、仕事であまり家にいることが少ないのでやはり外で使うことが多く、
pocket Wi-Fiを外で使う形になっています。

携帯もそうですが、pocket Wi-Fiは一か月で7GBの制限と、3日間で1GBの
制限があります。そこだけ気を付けて使っていれば、外での高速通信を
一か月間快適に維持できます。

今となってはpocket Wi-Fiなしでは仕事ができないくらい重要になっています。

外出時に安定したWi-Fi環境が欲しいと思っていました。
旅行中やキャンプへ向かう時、田舎道や山中などを走っている時なども
ホテルの予約やキャンプ場の予約をしたり、地図でルート確認と
いったことをする場合に電波が届くものが候補になっていました。

当時別のWi-Fiを利用していましたが、上記のような条件で利用することができず、
圏外になってしまうことが多かったのですがWiMAXは、auのSIMも契約することで
auエリアの通信エリアが使えるため、余程の山奥深くや船で沖に出ない限り圏外に
ならないというのと、回線の速度制限がないため利用したりと、安心して利用できるので
スマホのパケットの節約にもなるというのが魅力で選びました。

主な利用方法としては、仕事利用の場合は、出張先でタブレットPCを使ってホテルなどの
予約、またはメールのチェックなど主に業務として連絡など用に使いますが、
合間にも時間つぶしのためネットサーフィンや調べものをするなどといった時に利用します。

その他にもプライベートなどでは、スマホでLINE通話や容量の大きいゲーム、メール、
動画の閲覧などに利用するため先ほど書きましたが、パケットを気にせず利用できて
助かります。

それ以外にも、任天堂3DSでオンラインゲームをする時や、自宅でサーバを立ち上げた時に別の回線でパソコンで外部からどうなっているのかの確認、通信障害が起きた時のバックアップ回線にするなど非常に役に立っています。

以前は、有線接続のLAN環境でインターネットに接続していたのですが、
接続機器が増えるにしたがって、LANケーブルが散乱する様になりとても
煩わしかったことがWi-Fi環境に移行しようと思った一番の理由です。

また、タブレットPCやスマートフォン・ゲーム機などWi?Fi対応の接続機器が
増えたのも、無線LAN環境への移行の大きな理由の一つです。

接続機器はI・O DATA 無線LANルーター WN-G300R2を使用しています。

Wi-Fi環境に移行して良かった点は以下の点です。

1.接続機器が増えてもLANケーブルを買わなくて良い。
2.配線の煩わしさから開放される。(寝転がりながらインターネットに接続できる)
3.接続設定が比較的簡単に設定できることが良かった点です。
4.接続機器が小型で場所を取らない点も良かったところです。
5.スマートフォンがパケット通信の代わりに使用することができるので料金の節約になる。
6.複数の機器を接続できるのでとても便利です。(有線LANなら差し込み口の数に制限される)
7.接続場所を選ばない(無線LANルーターから5m?10m以内ならどこでも接続出来る(リビングや台所でもOK))
8.標準で暗号化通信で接続設定がされているので、セキュリティの知識が無くても安心して使用できる。
9.通信速度が有線接続に比べてどうしても遅いので心配でしたがGyao動画やYoutubeなど問題なく視聴できる安心しています。

現在、デスクトップPC・ゲーム機(PS3)は有線接続とスマートフォン・ゲーム機(PSVITA)・ノートPC・タブレットなどは無線LAN接続をしています。